« 2014年6月 | メイン | 2014年10月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

伊勢志摩ツーリングオフ会

春にmixiのエストレヤコミュでツーリングオフ会が流れてしまい。私と同じ空色が3台揃い踏みの予定だったのをリベンジさせようと、直接メッセージでお誘いをしたら、Facebookのグループも教えてもらって。

空色のマイミクさんご夫妻と伊賀市のローソンで待ち合わせる約束をして、6時半には出発。京奈和自動車道を降りたら、カワサキ車が待ち伏せしてました(笑)ツーリングで待ち伏せして待ってるとか初体験だし。(^_^;)どうもこの人がFacebookでドタ参な人だったみたいでした。この方に先導してもらって、次の待ち合わせの伊賀市のローソンまで。メッシュジャケットの下に長袖も着ていたのですが、もう夏装備では寒いくらいで、ローソンで他の方が合羽を防寒に羽織るのを見て、私も真似します(笑) 

ここからはスーパーテレネに乗る空色さんその2の連れ合いさんの先導で伊勢道へ。嬉野PAでもう一台の空色さん、他の参加者と合流です。ここで空色3台揃い踏み記念撮影イベント。

Img_6257

これの為に張り切って一眼レフを荷物になるのに持ってきましたがな(^_^;)

1台はレトロ仕様のどノーマル、私のは前後ディスクブレーキの天邪鬼仕様、もう一台のんはマフラーをカスタムしており、間違い探しクイズみたいになってました(笑)さて、どこが違うでしょうか?細かいので分かりにくいかとおもいますが。

伊勢道を前後きょうだい車の大型車、W650&800に守られつつ、空色3台で連なって走るのは楽しい!!

伊勢自動車道を降りたところで、まるさん夫妻とおわかれ。次回の企画をもう決めちゃいました(^_^;)先導車を一度行ったことがあるという方と交代。空色さん会社同僚だろうで、スズキ車なんですけど(^_^;)一路、昼食場所へ。ややこしい場所にあるため、一人やったら辿りつけなかったでしょう。ウマウマでしたわ。 店の名前に気づいたあなた、気になるでしょう?私も気になって、ここに決めたのですよ。前は喫茶店だったそうです。屋号をそのまま使ったのですって。

Dscf0003

御座岬など、賢島から志摩まであちこちガッツリ走りたかったのですが、昼食場所をどうしてもここにしたら、ルート選択が難しくなったのと、赤福氷が最優先のため、なくなく英虞湾内走行は諦め、パールロードを抜けて赤福へ。4年前に諦めた赤福氷を食べました。大阪の三越伊勢丹にも赤福茶屋入ってますが、いつも長蛇の列ですしね。鳥羽のお店で食べましたが、夕刻だからでしょうか、待たずに座れましたよ。おいしゅうございました。

帰りは全部高速道路で。それでも帰ったら8時半でしたわ。 

Dscf0009

40代が最年少というかなーり年齢層高めのマスツーリングなので、安定感は抜群。常に先導車がいて、次の目的地を決め、マメに休憩しながら。途中からは紅一点なのもあり、寒うないか?など気遣ったもらえました。おかげで、体力的にはかなり楽でした。英虞湾内走行はかないませんでしたので、次回は伊勢までの往復を高速で頑張ってショートカットして、ソロツーリングで海岸線沿いの道を堪能しようと思っています。

なお、次回のツーリング企画も決定(笑)ロングセラーモデルもエストレヤですが、意外と同じ年式や色に出会うことは少ないのです。私も同じ年式の他の色は見かけたことがありません。ということで、「同じ色のエストを探せ!」企画をやろうと思っています。滋賀のメタセコイヤ並木で同じ色ごとに記念撮影大会予定です。

2014年8月13日 (水)

矢野顕子を聞いたらラーメンを食べよう:価格差とサービス内容の考察もね

Img_1492

ビルボードライブ大阪で矢野顕子のライブに行ってきました。一昨年に続いて2回目。矢野顕子:ピアノ

ベース:ウィル・リー

ドラム:クリス・パーカー

の技巧派スリーピースな編成です。

ビルボードライブ大阪は、ステージを囲むようにテーブル席(サービスエリア)があり、後方の2列がカウンター席(カジュアルエリア)。お酒とつまみなど飲食しながらオサレに音楽を楽しむスタイルです。一昨年はサービスエリアだったのですが、ほぼ全員連れときている中で、テーブル席お一人様はさすがに辛く。ハコも小さいので、今年は中央付近の席がとれたし、カジュアルエリアにしました。価格差1500円ですから、それでご飯も食べられるしね。売れていくのもカジュアルエリアからです。

さて。私が行ったのは、2days,各日2ステージあるうちの2日目の1stステージ。最終ステージに行きたかったのですが、終演時間が終電30分前。ちょっとそれは気になってしまって楽しめないと嫌なので。

最後列ですが、椅子が私の身長とほぼ同じくらいで。座ったり降りたりが大変でしたが、おかげで見えにくいとかはありませんでした。ただ、1500円の価格差がここまで違うとは予想だにせず。

・ワンドリンク付きなのだけど、カジュアルエリアはセルフサービス、注文時に前払い。サーブはしてくれる。コップはプラ。料理とドリンク合わせてもメニューがA4一枚で足りてしまうくらい、種類は限られてる。追加注文したかったら、曲の合間を見計らって、慎重に椅子を降りて、注文をしに行かないといけない。

・一方、サービスエリア。文字通り、サービスしてくれます。お値段飛び出ますが、やろうと思ったら、ライブを楽しみながらお酒とディナーを楽しめるくらい、ドリンクもフードもメニューは有ります。黒ビールだってあるくらい。量は少ないけどね。ちゃんとガラスコップだし、追加したかったら、手をあげたら注文も取りに来てくれるし、支払いはお帰りに精算でいいです。もちろん、ステージとの距離も近いから、間近にアーティストを拝むことができます。勝負デートしたいなら、断然こっちを勧めちゃうくらい。(爆)

矢野顕子聞いたら、ラーメン食べたいやん!と(この編成でのフェスティバルホールのライブも行ったことがあります。)終演後、ラーメン食べに行くオフ会予定も入れていたら、ほんまに生歌「ラーメン食べたい」やったのは、私的にはサプライズ!矢野さん、芸歴長いし、持ち歌も多いんですが、ライブで絶対この歌やります!みたいな定番曲はないのですよ。毎回、えー、これここで歌ってくれるの?!があります。今回は3月に出たアルバム「飛ばしていくよ」からの曲が中心で、ベースのウィル・リーがキーボードのベースをしていたので、どちらかというとテクノ寄りです。ラーメン食べたいは、MC前振りで、スキャットしながら「小腹が空いたらうどんが食べたい人〜」と関西ネタか?から始まったら、「いやいや、うどんじゃなくて、ラーメン〜」になって。会場うおぉー!!ですわ、もちろん。

で、アンコールでは原曲バージョンに近い在広東少年sign03happy02

「中高年には懐かしく、新しいファンには耳新しく」と言わはるとおり。この曲の歌詞が昔から謎。ええんかー、その歌詞は?と気になってしまう(^_^;)
でも、ほら、関係者がこんなん言うてましたわ(^_^;)

うきうき気分でこの方に案内してもらったのが大阪麺哲。お店は豊中なのですが、梅田にこの度支店を出したばかり。

ライブの高揚感でどどーんと頼んでしまったのがこちら。

Img_1493

肉醤油雲呑とホタテご飯。あんどカールスバーグのビール。

ひえたろうさんのおすすめが肉醤油だったのです。雲呑好きな私が雲呑も、と欲張って。えーっと、♪チャーシューは要らない の歌詞通りにしておいたら、と思うほどのボリュームです。ちなみに、写真は撮ってもいいけど、麺が出てくるまでに起動させ、出てきたら撮影だけして、素早く食べて下さいな、その間に麺が伸びるのは悲しすぎるからpoutというのが大将の弁ですので、よろしく。ホタテご飯もすっきり系醤油スープをご飯にかけていただきますが、よっぽどおなかがすいていないと、ラーメンとセットでは食べられませんwobbly
どっちも食べたい人は大食いさんとシェアをおすすめします。

豊中の店はつけ麺もありますが、こちらはラーメンオンリーです。

矢野さんに食べたよツイを飛ばしたら、ちゃんと「おいしそう・・・」って返事くれましたhappy02

次は、12/12のNHKホールです。ニットキャップマン(動画ありません)が久しぶりに聞けることを期待しているのですが。(10数年前の初ライブ体験で弾き語りで聞いて、ムーンスライダースのオリジナルも好きですよ)

Powered by Six Apart

楽天

Amazon

マクロミルへ登録

最近のトラックバック