« 2014年8月 | メイン | 2015年11月 »

2014年10月

2014年10月12日 (日)

台風情報とにらめっこツーリング(2)

さて二日目、予定では室戸岬まで行くでー!帰りは南海フェリーのはずでした。天気予報で前夜から強風波浪注意報発令中。風には煽られやすいエストレヤ。他候補で祖谷渓、五色台を検討。ウエザーニュースのアプリとにらめっこ、一番雨風がましで、父が「お前は行ったことないな」ということで、最終祖谷渓に決定。

ツーリングとなるとなぜか起きられる(自爆)
寒さ対策して、両親に見送られていざ出発。

新年の記事にも書きましたが、子どもの頃は帰省の際に日峰山に行ったものです。伯母さんが犬を飼っていて、散歩に連れ出したり(それぐらいお手軽に登れる山です)、港から昇る初日の出を拝みに行ったものでした。早めに出られたので寄り道していきます。徒歩でしか登ったことなかったしね。舗装はかなり荒れていますweep
ウォーキングな方々がそれなりにおりました。ジョギングコースとも書いてるけど、決行な急勾配ですよ?

さて、山頂。

Img_1576

Img_1577

この周囲が草ぼうぼうで(^_^;)

眺めは良かったのになー。そして、「ふるさと創生事業」の文字が。そうなんや!手を叩くと滝が流れるでっかい金長狸の銅像がふるさと創生事業だったのはしってるけど、ここにもその遺産があったとは・・・。微妙にお金が余ったんやろうか(^_^;)
金長狸の方は、夜に訪れたときは滝は流れませんでしたよ。節水?騒音?

気になったので、ふるさと創生事業について調べてみました。使い道は自由だったそうです。地方交付税扱いだったので、不交付団体のところにはなかったと。使い道は自由だったのですね。取っておいても良かったのか。ほんで金塊やったりしたのね。

母からそのまま徳島方向にいけるから、と教わったので、ヤマカンでこっちやな、と反対方向に降りたら、昨日走ってきた道に出ました。ショートカットで母に感謝。国道192号線が分かりやすい道になるのですが、どうしても吉野川遡上がしたくって、道を探していたら案の定迷ってしまい(-_-;)

Google先生の音声案内に助けを借りて、ようやく県道15号線へ。でも、でも・・・!せっかく第十堰にに出られたというのに、河川敷が草ぼうぼうで何も見られませんcrying

石井町に入ってから綺麗に草刈りされてたよ・・・orz

観光資源のところは綺麗にしておこうよぉ、徳島県。

吉野川市鴨島駅近くで今日の案内人、がんじろうさんと合流。今年大型二輪免許を取得、トランザルプ650で今日は登場です。

とりあえず道の駅大歩危立ち寄りで、かずら橋に行ってみよう、を決めて出発。国道192号線〜国道32号線をひた走ります。このルート、吉野川遡上で、JR徳島線・土讃線との並走でもあります。土讃線に入ってからはアンパンマン号や普通列車も見ましたが、徳島線で1回見たかいな?くらいの薄いダイヤ(運行本数が少ない)ですね。途中駅で時刻表が見えたけど、バイクからざっと読み取れるくらいの本数でしたから・・・。

アンパンマン号は停車中のを高松駅で見たことはあるけど、走行中はなくって。しかも鉄橋上だったので、ダイヤが判明してたら、仕込んでエストレヤと絡ませたのに!happy02

途中、道の駅貞光ゆうゆう館で休憩。ちょっと待て、直送の産物のお値段が原価割れしてへんか?と心配してしまうほど安い。金曜日に私はイオンですだちがひとつ20円で売られていたのを見たのだけど(それでも特売だったような)、ここでは20個近く入ってて200円sign03安納芋が4〜5個小ぶりのが入ってて200円とか価格設定があり得ない。バイクじゃなかったら、野菜を買い込んで帰ってたと思う(笑)かんじろうさんはこちらのblogも書いており、農業の裏側にも詳しい。生産者が自由に価格を決められるから、同じ野菜でも値段が違っていたり、量を変えたりできるけど、生産者感での競争も起きる。だからといって野菜ごとに値段を決めると談合になるし難しいとのこと。ふむふむ。

すだちの値段の差が気になって、その後も道の駅で調べたりしたけど、貞光ゆうゆう館が最安でしたわ。庭のすだちもいできた?位の値段やねんもん。>失礼!

海を渡ると一気に高級品なすだち。あ、ここですだちの地サイダー買って飲みました。

美味しかったです。

ただ・・・。

夏は炭酸水ケース買いしてて、すだちを絞って家で作って飲んでるので、わざわざ買わなくてもよかったというcoldsweats01

Img_1578

32号線に入り、気持ちの良いワインディングを走り、子泣きじじい発祥の地という、道の駅大歩危へ。ラフティングな方々も見られます。渓谷を縫って線路を走っていく土讃線は秘境駅の趣。列車からだとどんな景色がみられるのかしら。乗ってみたいなぁ。wikiによると、トンネル化が進んでいるようですね。

ここで水木しげるの大ファンの夫におみやげを物色。

大半は境港市の水木しげるロードの商品ばかりで、徳島土産になってないがな(-_-;)

Img_1603

Img_1604

これやったらいいかな、とお買い上げ。かなり黄色っぽいお酒でした。味は美味しかったと夫。ワンカップとかもありますが、醸造アルコール入ってますので、こだわる方はご注意くださいね。

私はこれを見つけてしまったらお買い上げでしょう(爆)

Img_1602

道の駅の案内板で地図を見ると奥祖谷にケーブルカーがあるとか。でも、一周1時間。無理や・・・。落合集落で写真くらい撮れるかなぁ。お昼はもうコンビニでいいかと購入。

かずら橋は結構な人出でした。駐車場は物販店で1台210円です。「自己申告制です。正直に払ってくれるものと期待する」みたいな案内が貼ってあり。正直者になってきちんと支払い、というか、話をしてたら誘導のおじさんに払うのは中でねと声をかけられた(爆)

かずら橋へてくてくと。南海フェリーよりも、国道32号線で高松に出て、ジャンボフェリーで神戸から帰るほうがいいよとがんじろうさん。でもジャンボフェリーは日祝ダイヤが変則で、16:20発を逃すと深夜便までない。平日だと19時台の便があるのにcrying

Googleで検索したら、もうかずら橋渡ったらお昼食べて帰らないとまずい!

バイクの写真ももう無理だわな、かずら橋写真は撮るべとがんじろうさんにカメラを預けて橋へ。

Img_7525

思った以上に怖いです。両手をしっかりつかんでおかないと、木の間隔が広めなので。真下を見ると怖いので、間隔をつかんだら、大股で歩いてしまったほうがいいですね。私が渡ったときはそんなに人がいませんでしたが、上から見ていたときに時折渋滞が起こっていたのは怖くて立ちすくんでしまう人がいてるからだったのか。

ここから高速乗るのと、32号線走るのと、所要時間はそう変わらないので、32号線で行きます。途中で休憩した道の駅でもうギリギリなのが判明。最悪、そのまま徳島港まで走る覚悟でがんじろうさんには急いでもらい、市街地の混んでいるところはパスするコースを選んで、出航15分前に到着。すでに深夜便の欠航は決定されており、ラッキーでしたわgood

Img_1582

フェリーで横になって体を伸ばし、一休み。4時間あるので、もういいや、雨にふられたらかなんし、ご飯も食べてしまおうと、自販機のパンとコーヒー牛乳で済ませてしまいました。隣にいた1歳児らしき女の子が退屈していたので、リュックに入ってたお弁当箱やコップを出して一緒に遊ぶと大層喜び、仲良しになりましたheart04

船ってすることないから何か持ってこないと本当に大人でも退屈なのですよ。子どもの時は乗り物酔いするので寝てるか、デッキに出ているかどちらかでしたね。

Img_1600

小豆島経由の便だったので、小豆島の集落や明石大橋のライトアップも見られました。トイレの窓が大きくて、景色を眺めながらのトイレはなにか落ち着きません(-_-;)

一眼レフをパニアケースに入れたままだったので、取りに行こうとしたら、甲板上は吹っ飛ばされそうな強風で断念しましたわ(T_T)

帰りは名神にしようかと思いつつ、まぁいいかとまたしても国道で帰ってきました。途中で雨には降られましたが、無事に帰宅できてなによりでした。昨日は高速主体、今日は国道主体で、両日慌ただしいツーリングになりましたが、2日間で500キロは走ったので楽しかったですよ。

徳島自動車道が阿南まで延伸するらしいのだけど、今年度中の開通は高松道と徳島道が繋がるまでなのね。小松島市まで来るみたいに父は言うてたけど、そこまでは来ないのか。

いつか室戸岬までのリベンジするでー!!

2014年10月11日 (土)

台風情報とにらめっこツーリング(1)

両親が徳島出身で、親戚も徳島に在住しております。子どものころは毎年南海フェリーや阪神フェリーで帰省していました。祖母はもう10年前に死去し、故人となっておりますが、祖母が住んでいた家は父が残しており。家族旅行などで四国は毎年のように来訪していますが、親戚に会いに行く時間は結婚後すぐのご挨拶依頼、祖母の四十九日法要以来とんとご無沙汰しており、気がつくと10年が経過しておりました。子どもたちも夫に丸投げして宿泊旅行ができるようになってきて。ここで昔を懐かしむ旅をしてみようと、両親に連絡調整を打診、祖母の家に宿泊もお願いして宿代をけちり。香川のライダーがんじろうさん(@gan_jiro)にも連絡をとって、ツーリングして帰るべ、と夏ごろから計画を立てておりました。休養日もほしい中年期、10月の3連休がいいよね、仕事も子どもも運動会終わってるしな、と予定を決定。

ところがところが。2週続けて台風上陸なんてー!!予定順延はその後の週末はほぼ子どもたちの行事などで埋まってしまっており、変更がきかない状況。親戚たちも高齢化していますし、そんなに先延ばしするのも、で天気予報とにらめっこ。いっとき諦めかけたものの、何とか逃げきって帰れるかな、ということで予定決行。

後日記事にする予定ですが、この日のために、エストレヤをオーバーホールに出し、慣らしも終えて、グローブ、サイドバッグ、ブーツを新調。パニアケースは夫のゼファーに付けてるのを移植して大型化し。準備万端でしたからねぇ。行かないでどうする!smile

行きは明石大橋、鳴門大橋経由で。ツーリングの時は節約とうまいものがあるのかわからないのもあって、お弁当持ちすることが多いです。好きな場所を見つけて景色眺めながら食べるピクニック感覚。行き先は小松島市なので、鳴門インターチェンジで降りるのですが、一つ手前の鳴門西で降りて、鳴門スカイラインへ。ぐるっと回り道していけば同じことなので。展望台でお弁当にしました。バイクたくさん止まってますが、ロードスポーツ系ばかり。空色さんは異彩を放つ存在でした。

Img_7509

曇っていたので、うっすらとでしたが鳴門大橋が望めますね。鳴門公園側に行く時間がなかったのですが、そちらは6年ほど前に行ったのでいいやにしました。お弁当を食べてたら、なぜかこんなところに猫がいて、おかずを狙われました(^_^;)心をお二にしてお断りいたしました。

おじさま3人組がいてはったので、声をかけてシャッターを押させてもらい、そこから愛車に興味を持ってもらって、エンジン音聞かせてよ、排気量は?などどしばし歓談。空色さんはほんまにおじさまキラーです。奈良県五條市のコンビニで集配に来た郵便局員に声をかけられたこともありましたから(爆)

Img_7511
また、展望台からはウチノ海も一望できます。集落へ降りる道も見つけ、海が見られるかと行ってみましたが、堤防に囲まれてちらりとしか見えず。かもめが飛ぶのが見ただけでした。ダイヤは薄そうですが、徳島バスの停留所もありました。

スカイラインからR11号線を南下して小松島市へ。ツーリングの時は1度は道に迷ってしまう私ですが、標識と記憶を頼りに、何とか祖母宅へ自力で到着。親戚宅へ行くと伯父さんが「大きくなったなぁ、30年ぶりか?」いえいえ、大学生まで律儀に帰省してましたから、大きくなってましたし、ご無沙汰ぶりもそこまで行ってませんって。(^_^;)


伯父さんの一人はハーモニカを習っているとかで、帰りにスーパーカブ90で来訪。ひとりきりハーモニカを見せてもらい、途中までカブを運転させてもらいました。カブ楽しいねぇ。返す返すもカブ110を盗難にあったことが悔やまれてなりませんわ。

親戚にひと通りご挨拶して、夕食を食べに「本家橋本」の生蕎麦を食べに。今は「総本家」だの「本家生蕎麦」だの、暖簾分けか分裂かわけわからないことになってますが、実家はずっと昔から本家に年越しそばを食べに行っていたので、今回もこちらです。子どもの時はそばを美味しいと思えず、うどんしか食べてなかったので、未体験のままだったのです。

Img_1572

さて生蕎麦。意外とボリュームあります。お腹膨れました。左のつゆを掛けて食べます。大根おろし辛いです。辛味大根なのか?そばを食べたら、つゆを右のそば湯で割って飲みます。二つも飲めませんわ。

留守を守る夫から子どもたちに説明するから写メくれといわれてこれを送信したら、「何で二つあるの?」と聞かれ。両親もわからず、「昔からこうやしな」検索してみたけど、ようわからんかったので、分かる人コメントくだサーイ!

徳島市内はマチ★アソビなるアニメ系イベントが開催されてまして。新町橋付近でしたので、ライブやっているのも見かけましたよ。スケジュールから判断すると、新町橋東公園のステージだったみたい。帰りに横須まつりの花火も見られましたhappy01

勝手知ったる場所なので、寝にくいとかもなく落ち着けてよかったですわ。両親に感謝です。

Powered by Six Apart

楽天

Amazon

マクロミルへ登録

最近のトラックバック