社会・政治 Feed

2014年3月31日 (月)

4月13日(日)サイエンスカフェのお知らせ

Twitterで付き合いのある方が、サイエンスカフェを主催することになり、私も実況担当で参加します。ご一緒にどうですか?生テルミンが聞けるチャンスもあるかも?です。 

詳細はこちら

4月13日(日)17:00~ 
場所は大阪市内の靱公園近くのCHOVE CHUVA

「菊池先生に聞きたい放射線のお話」 
500円+ワンオーダー 

参考本:いちから聞きたい放射線の本当


EMや血液型で性格、などのニセ科学について、別の方が昨秋に高松で、サイエンスカフェを秋に開いたときにも、菊池先生の話を聞いたのですが、マシンガンのように分かりやすく話をしてくれました。今回も期待できますよ!(^O^)

2013年12月18日 (水)

銀行怖いところだったのね・・・!

それは一本の留守電から。「京都銀行サポートセンターです。ご連絡したいことがございますので、フリーダイヤルに連絡いただけますか」と。

何だ何だ?と電話。私は二つの支店の通帳を持っています。家計用の口座と、今の職場の給料振込用の口座。統合しても良かったのですが、結婚してからずっと夫婦完全別財布にしていることと、住宅ローンもあるもので、手続きが煩雑ということで、給料振込用の口座は自分のへそくり口座にすることにしているのです。

で、取引支店を相手に告げると調べてくれて、住宅ローンの引き落としができていなかったという連絡でしたcoldsweats02そうならないように、担保の定期預金も付けてるはずなのですが、足りなかったらしく。crying

夫が入金してくれてなかった模様。通帳がいっぱいになって更新するのに私が持っていてそのまま忘れていたんだなbearing

そこからの銀行側の説明が怖い怖い。「入金していただいた時点で引き落としさせていただきます。ただし、他の引き落としがある場合は、そちらが優先になります。入金するまでは日割りで利子が加算されますので、ご了承下さい」延滞料金ですかー!!shock

これまで順調に返済してきたのですが、一度でも滞るとこの仕打、金融機関は金貸し屋なんだぁ・・・。会議中ですが、夫に即ホットライン。幸い、23時まで開いているATMがあります。家に立ち寄ってもらって、通帳を渡して、無事本日中に入金できました。

夫の話によると、「入金した瞬間、ガガガっと音がして、記帳され、即引き落としされた」そうな・・・coldsweats02

追いはぎですかいな。担保の定期預金を確認したら、住宅ローン分確保できない(繰越返済が難しく、月々の分を増額したため)金額でしたわ。二度と今日のようなことがないように、増額しとかなあかんな。

ホラー映画より恐ろしい話でしたわ。

2011年10月28日 (金)

保育所の給食調理部門を民営化について説明会

下の子どもふたりが通う保育所の給食調理部門を来年度から民営化したい、ということで保護者会の求めに応じた行政から説明会がありました。私が住む自治体は、人口1万5千人。公立幼稚園なし、公立保育所も3園しかありません。5年前の前々町長が我が園を民営化しようとしたものの、保育所と学童の保護者が運動を起こし、その年の選挙で争点化させ、見事町長を変えてひっくり返した経過があります。昨年の選挙では日本一高いと言われる水道代が争点となり、保育所はぼやけて前町長は敗北してしまったものの、他の候補者も民営化論者でありながら、「公立保育所3園を堅持」と公約にせざるを得ないほど、保育所の保護者は有権者として無視できない存在となっています。

しかし、何かしようと狙ってたのでしょうね・・・。運営は公立だからいいだろう、と3園のうち1園であるわが子の保育所で給食調理部門を民間委託と。ちなみに、3園のうち一番規模が小さいのでコストダウンのメリットは一番小さい。理由も、現業部門の退職者不補充の原則があるから、1名退職者がでるので、と何ともこじつけ。それ、一人退職になるのは去年途中退職しなかったら2月ごろには判明してるはず。うちの園にするのも、食数が少ないから、調理員の一人当たりの負担が少ないから、慎重に始めるために、とな。だからといって、他の2園にいつ実施するのかは未定とかなんじゃそれ。7月に保護者会に打診があり、要望書を出し、回答あるものの「コストダウンについての数字は出していない」と。pout

で、今日の説明会。早朝仕事1軒やって、支援学校に午前中PTAで行き、午後は娘の就学前健診でもうヘロヘロやったんですが、保育所の保護者では在籍最長老なので、口火を切ることは期待されてるので、夫に子守を頼んで保育所へ。

でもねぇ、導入する理由とか、今後のスケジュールとか、保護者への説明とかがぜーんぜん納得がいかんのですよ。annoy予算をつけてもらうためには12月議会で承認を得ないといけないのですが、それまでに業務委託内容を決める、年明けから業者を決めて入札して引継ぎして、4月から完全実施とな。ちょっと待ってな。新入生入ってくるやん。その子どもの引継ぎが春の混乱期のりきるまでは必要なんちゃうの?親の意見は議論段階では入らないとか言うてるし。まるきり、保育所民営化の時と経過が変わらないのやけど?説明だけしてはい、実施します、のパターンも同じで教訓化してないやん。それやったら、なんでもっと早く説明会しないよ?いきなり全園踏み切らないのも慎重に始めるため、とかとにかく民営化した!と言いたいがためのようで、矛盾だらけ。もちろん出席者一同、全く納得しないまま平行線で打ち切られて終わりました。

交渉の場って、必ず丁寧にしゃべる実務者と、ぶっきらぼうで煮ても焼いても食えないたぬき部長が同席するのがデフォなの?coldsweats01そうじゃないと出世できないのか?

サービスの維持は最低ラインで、民間活力の導入により、向上も目指す、とのことなので、アレルギー持ちの子どもの親としては、除去食だけじゃなくて、代替献立くらいまでしてくれるのでなければ、明らかに公立保育所なのにサービスに差があるとみなすぞ!

行政にいくら言ってもこの調子なら埒があかない。議会も保育所は争点化しないので、これから運動です。いっそリコール署名集めたらどうかと思うのだけど。保育所と学童が結託して、候補者あげて一枚岩で戦ったら、絶対当選するけどな。とはいえ、議会と対立で大変な事にはなりそうですが・・・

2011年4月24日 (日)

学童の総会にて支援を訴える

午前中、学童の総会がありました。夫が仕事が入ってしまい、子守担当がいません。保護者会費などの徴収があるので、それを渡すだけ行くなどもあったのですが、長男のことを言いたいのもあり、参加することに。私だけ行くよりも、彼を連れて行きたかったので、3人引き連れて、てくてく歩いて行きました。ぶーぶー言ってましたが、「みんなに支援学校から来てるからよろしくね、と言うのよ」と言うと会議に連れて行かれ慣れてるので時間つぶし道具を各々用意。crying結構時間がかかるものなのは去年参加してわかったので、末っ子は最後までもちそうにないのと、長男もしんどくなりそうから、途中参加にし、役員さんにmailtoでごめんなさい連絡。幸い、わかってもらえ、「大変だったら途中で抜けていいからね」と言ってもらえてほっ。

しかしなかなか終わりません。去年の活動報告が終わって、そろそろか?と思ったら、今年の活動報告。ありゃりゃ。1回呼び寄せたけど、またあとで呼ぶわ、と放免。こんどこそ、と長男を呼び寄せて、スタンバイさせる。事前に指導員にはお願いしたはずなんだけど、そのまま地区別懇談だと言うてるしsadあかーん!と挙手してお願い。長男も立たせて。ちょうど集団登下校の班の話をしていたので、そこに名前が載ってない理由として、支援学校からひとりだけ学童に来ていること、行政からは支援学校の子どもは送迎が必要だと言われていることを話しました。支援学校は校区が広いため、地域には友達がいないこと、学童の生活が彼に根ざしたものになっていることに感謝を述べ、その上で長期休暇中は1日保育してもらえないこと、行事にも付き添いを求められることがあり、行政とも交渉しているがひとりでは末っ子を抱えていることもあり、(ちょうど隣にいたので引き合いに出せた)皆さんの支援をお願いしたいのです、と訴え。長男にも自己紹介するように言うと、「M支援学校から来ました。よろしくお願いしますm(__)m」と上手に言えたので、皆さんから暖かく拍手してもらえました。

昨年1年を通じて通って、指導員とも仲良くなり、このような訴えをしても指導員の批判にはならないことがわかったことが大きかったです。担当指導員にも「(長男の姿を見たので)そのつもりやねんな、とわかったで」と言ってもらえて嬉しかったです。

保育所と比べたら、学童は福祉分野ではないのでまだまだ未整備。うちの子が通っている間に現状を打破できるとは思ってはいないけど、当事者が声をあげることで、ちょっとでも理解と支援が広がるといいな。そして次の世代にせめて現状維持はしてバトンを渡したい。

2008年11月20日 (木)

写真展のお知らせ

私の友人が企画する写真展のお知らせです。お近くの方は是非足を運んでください。そして知人・友人に呼びかけてもらえたらと思います。

「ゆっくり育て!私達のたからもの」京都展 参加者募集のお知らせ

場所:ひと・まち交流館京都 作品展示コーナー
   京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
    (河原町五条下る東側)
   http://www.hitomachi-kyoto.jp/
   http://www.hitomachi-kyoto.jp/pubsys/view.rbx?cd=984 

日程:2月4日(水)〜9日(月) 10:00〜17:00

主催:21トリソミー広報部京都支部

■写真展開催の概要
 インターネット上のコミュニティとして発足した、ダウン症候群の広報部「21トリソミー報部」で、ダウン症児ののママ達の写真展を企画しました。
 最初は今年の7月に埼玉で行われ、この巡回展が各地で行われています。
この写真展を通して、障がい児をもつ家庭が特別ではないこと、「この子たちがいる幸せ」を感じながら子育てをしていることを多くの方々に伝えることができましたら幸いです。

京都ではSNS mixiを通じて数人の仲間が写真展を企画中です
この京都展に、あなたの撮った写真を出展しませんか?

参考:関西の写真展のHP      http://kansai21.blog17.fc2.com/
     21トリソミー広報部のHP   http://21prd.blog39.fc2.com/ 
      SNS mixi                      http://mixi.jp/

■京都展へのお申し込み・お問い合わせ
メール:21kyoto@gmail.com 

お申し込み・お問い合わせ頂きましたメールには必ず返信をお送りします。
・件名に「写真展参加希望」と書いて、本文部分に応募者氏名・お子さまの年齢 (月齢)・市町村名をお願いします。
・ご住所・お電話番号は強制ではありませんが、メールでの連絡が取れなかった場 合に利用させていただく事があります。
・写真はまだ送らないでください。
 ※受理のご返信のない場合、メールが届いていない可能性がございます。お手数 ですが再度ご連絡お願い致します。

■参加希望の応募締め切り
・12月から1月くらいを考えています。詳細は後日お知らせします。
 ただし、展示スペースには限りがありますので、応募多数の場合は、締め切り日 前に、募集を終了することがあります。

■参加費・その他
・プリント代・運営費などとして、参加費1000〜1500円を集めさせていただく予定 です。振込先は、写真の募集とともに、後日お知らせします。
・写真は六つ切りサイズでの展示予定です。
・写真には撮影者(保護者)とお子様のニックネーム、100字程度のキャプションを つけて展示する予定です。

Powered by Six Apart

楽天

Amazon

マクロミルへ登録

最近のトラックバック