マンガ・アニメ ゲーム Feed

2014年10月11日 (土)

台風情報とにらめっこツーリング(1)

両親が徳島出身で、親戚も徳島に在住しております。子どものころは毎年南海フェリーや阪神フェリーで帰省していました。祖母はもう10年前に死去し、故人となっておりますが、祖母が住んでいた家は父が残しており。家族旅行などで四国は毎年のように来訪していますが、親戚に会いに行く時間は結婚後すぐのご挨拶依頼、祖母の四十九日法要以来とんとご無沙汰しており、気がつくと10年が経過しておりました。子どもたちも夫に丸投げして宿泊旅行ができるようになってきて。ここで昔を懐かしむ旅をしてみようと、両親に連絡調整を打診、祖母の家に宿泊もお願いして宿代をけちり。香川のライダーがんじろうさん(@gan_jiro)にも連絡をとって、ツーリングして帰るべ、と夏ごろから計画を立てておりました。休養日もほしい中年期、10月の3連休がいいよね、仕事も子どもも運動会終わってるしな、と予定を決定。

ところがところが。2週続けて台風上陸なんてー!!予定順延はその後の週末はほぼ子どもたちの行事などで埋まってしまっており、変更がきかない状況。親戚たちも高齢化していますし、そんなに先延ばしするのも、で天気予報とにらめっこ。いっとき諦めかけたものの、何とか逃げきって帰れるかな、ということで予定決行。

後日記事にする予定ですが、この日のために、エストレヤをオーバーホールに出し、慣らしも終えて、グローブ、サイドバッグ、ブーツを新調。パニアケースは夫のゼファーに付けてるのを移植して大型化し。準備万端でしたからねぇ。行かないでどうする!smile

行きは明石大橋、鳴門大橋経由で。ツーリングの時は節約とうまいものがあるのかわからないのもあって、お弁当持ちすることが多いです。好きな場所を見つけて景色眺めながら食べるピクニック感覚。行き先は小松島市なので、鳴門インターチェンジで降りるのですが、一つ手前の鳴門西で降りて、鳴門スカイラインへ。ぐるっと回り道していけば同じことなので。展望台でお弁当にしました。バイクたくさん止まってますが、ロードスポーツ系ばかり。空色さんは異彩を放つ存在でした。

Img_7509

曇っていたので、うっすらとでしたが鳴門大橋が望めますね。鳴門公園側に行く時間がなかったのですが、そちらは6年ほど前に行ったのでいいやにしました。お弁当を食べてたら、なぜかこんなところに猫がいて、おかずを狙われました(^_^;)心をお二にしてお断りいたしました。

おじさま3人組がいてはったので、声をかけてシャッターを押させてもらい、そこから愛車に興味を持ってもらって、エンジン音聞かせてよ、排気量は?などどしばし歓談。空色さんはほんまにおじさまキラーです。奈良県五條市のコンビニで集配に来た郵便局員に声をかけられたこともありましたから(爆)

Img_7511
また、展望台からはウチノ海も一望できます。集落へ降りる道も見つけ、海が見られるかと行ってみましたが、堤防に囲まれてちらりとしか見えず。かもめが飛ぶのが見ただけでした。ダイヤは薄そうですが、徳島バスの停留所もありました。

スカイラインからR11号線を南下して小松島市へ。ツーリングの時は1度は道に迷ってしまう私ですが、標識と記憶を頼りに、何とか祖母宅へ自力で到着。親戚宅へ行くと伯父さんが「大きくなったなぁ、30年ぶりか?」いえいえ、大学生まで律儀に帰省してましたから、大きくなってましたし、ご無沙汰ぶりもそこまで行ってませんって。(^_^;)


伯父さんの一人はハーモニカを習っているとかで、帰りにスーパーカブ90で来訪。ひとりきりハーモニカを見せてもらい、途中までカブを運転させてもらいました。カブ楽しいねぇ。返す返すもカブ110を盗難にあったことが悔やまれてなりませんわ。

親戚にひと通りご挨拶して、夕食を食べに「本家橋本」の生蕎麦を食べに。今は「総本家」だの「本家生蕎麦」だの、暖簾分けか分裂かわけわからないことになってますが、実家はずっと昔から本家に年越しそばを食べに行っていたので、今回もこちらです。子どもの時はそばを美味しいと思えず、うどんしか食べてなかったので、未体験のままだったのです。

Img_1572

さて生蕎麦。意外とボリュームあります。お腹膨れました。左のつゆを掛けて食べます。大根おろし辛いです。辛味大根なのか?そばを食べたら、つゆを右のそば湯で割って飲みます。二つも飲めませんわ。

留守を守る夫から子どもたちに説明するから写メくれといわれてこれを送信したら、「何で二つあるの?」と聞かれ。両親もわからず、「昔からこうやしな」検索してみたけど、ようわからんかったので、分かる人コメントくだサーイ!

徳島市内はマチ★アソビなるアニメ系イベントが開催されてまして。新町橋付近でしたので、ライブやっているのも見かけましたよ。スケジュールから判断すると、新町橋東公園のステージだったみたい。帰りに横須まつりの花火も見られましたhappy01

勝手知ったる場所なので、寝にくいとかもなく落ち着けてよかったですわ。両親に感謝です。

2013年8月13日 (火)

青春18切符で親子旅(2)藤子・F・不二雄ミュージアム

青春18切符短期使いきり作戦です。静岡から出かけられるところを検索しまくり、何とか日帰り圏内にあることが判明。義弟も行く?と誘うと行く行く!というのでローソンで予約。ネットからでも予約可能ですが、ローソンの端末からのほうが操作が断然楽ちんでしたわ。端末のトップにボタンがありましたしね。

長男だけは療育手帳で100キロをこす乗車は半額の規定があるので、青春18切符よりもさらにお得になります。子供料金の半額だもんね。青春18切符の方がお得になる営業距離ってどのくらいなんだろう?

みどりの窓口のお兄さん、「本人のみ半額」というところでフリーズしてしまいました。私がその間にスタバでカフェモカを買って戻ってこられるくらいに。たいていは介助者も込みで半額になるから。ベテラン職員に助けを請うてようやく発券。面倒な事態を避けるために最初から往復で頼んでいましたが、正解でした。このフリーズ、帰りもやられたらほんまにかなんことですからpout

お盆とは言え、平日ですから、通勤客に混じって出発。ロングシートの各停を我慢すれば、熱海から快速に乗れました。ボックスシートです!happy01夫はこの時点でもういやになってbeer缶ビールぷしゅうやってますcoldsweats01

厚さ寒さに弱い静岡県人が二人いますから、登戸からバスを選択。

Img_4070_2

Img_4073

後ろからパーマンが押してますねぇ。乗るだけでテンションが上がってきますよ。完全予約制ですが、入れ替え制ではありません。でも、各入場時間とも大入り状態です。早く着きすぎたのですが、ミュージアムショップを見るだけということもできない非常さですcryingでも早めに並ぶように言われ、プチギャラリーになってるエントランスをまずはたのしみます。

Img_1321

注意書きが面白い!ドラえもんがいるから、ねずみはだめ?(笑)食べ物持ち込み禁止は辛いものがあります。だからと言って、アレルギーに配慮されたメニューは少なかったですわ。それ以前に、大混雑で暗記パンを食べ用とか叶わなかったのですが。アレルギーな人は登戸駅前が飲食店多くておいしかったので、食べてから行くか、戻ってから食べたほうがいいです。カフェも3階にあるので、入場しないと食べられません。おそるべし。

入館前に注意事項の説明があります。

Img_4082

いいでしょ、この小技の効き方?しずちゃんが静かに、と言うてるのですhappy01

こんなふうに館内に小技の効いた案内板があちこちにあります。同じトイレの表示でもイラストがすこしずつ違うので、カメラ小僧になってしまっていました。気づいたら家族と別行動になってたよcoldsweats01

音声案内は大人用と子ども用があり、必ず貸してもらえます。入館料に含まれているようです。

Img_4117

もしもボックスもありました。かけてみたけど、なにも音はしません。漫画でもアニメでも電話から音がする設定じゃないから?

このエリアにはミュージアム限定ガチャポンがあります。運がよければきれいなジャイアンのマスコットが手に入りますよ!

ここの右隣が「Fシアター」ミュージアムオリジナルのアニメが見られます。「21エモン&ドラえもんようこそ!!ホテルつづれ屋へ」と言う内容。おもしろかったですよ。

まんがコーナーもあって、著作をよむことができます。

館内は思ったより小さかったです。それは境港市の水木しげる記念館→高知のアンパンマンミュージアムを順に観てきたからかもしれませんね。ここが最初ならそんなふうには思わなかったかも。

しかし、ミュージアムショップは悩みます。限定品?が多いです。特にジャイアンものがいい味を出しており。

Img_4111

これ、何だと思います?中身はチョコレートなんですが、ジャケ買いしそうになりました。夏で遠距離なので、溶けるのが怖くてやめましたが・・・。

自分にはキャラ総出演なクリアファイルを購入。

帰りのバスはこんなんでした。

Img_4169

Img_4170

コロスケねじがー!!(笑)

帰りは末っ子のトイレの訴えにより、全部各停となりました。余りにも車内が混雑しており、実は同じ車両にトイレがあったにもかかわらず、全く動けなかったので、途中で降りたのです。小田原付近までは立ちっ放しでしたし、関東の通勤ラッシュを甘く見ておりましたweep

登戸で夕食も食べたので、静岡着が11時。いやいや、1日めいいっぱい使いましたわ。さすがに延々電車に乗っていたので、疲れが出て翌日は延々寝ていましたが、案外静岡県内以外だったら、ですがthinkどこまでも飽きずに乗っていられるものだな、というのが感想でした。

Powered by Six Apart

楽天

Amazon

マクロミルへ登録

最近のトラックバック