障害 Feed

2013年10月12日 (土)

ひーめせーんゴーゴゴー!

タイトルでピンと来たあなたは立派な関西人です(笑)

解らない人はこちらを見てくださいね。

長男と末っ子の運動会頑張ったでしょうのご褒美企画です。夫は非常に鼻のきく人で、動物園を嫌っていたのですが、自分から行こうと言い出し。何で?と聞くと。自分の仕事の引率で良かったんですって。車で直接乗り付けるから、臭いも延々しないから、と。最初は鳴門のここに行きたかったのですが、末っ子に選ばせると姫センを選んだので、姫センに。娘は怖いと言ってべそかいたのはないしょ。

事前リサーチで、レストランやら売店はこういう施設のお約束でショボくてボッタクリなのが判明。お弁当持ちで出かけます。朝ご飯は晩の残りのカレー、夜はお惣菜買って、の予定で行くと。家では夫は日頃は白米を食べません(朝食べない、昼給食、夜飲むからご飯は食べない)が、おにぎりもカレーも食べるとなると、米何合やねーん!炊飯器一升で重宝しました。

出発が昼前になってしまい、中国道渋滞。連休中ですしねぇ。姫セン入り口も渋滞です。そんな中、障害者割引の小学生に介護者割引の大人に、割引なしの子どもに大人に幼児各1枚なんていう、頭がこんがらがることを言う我が家coldsweats01。係員、メモ帳持ってりゃいいのに、ないから手に書いてたわdespair

サファリ見るのも渋滞です。GPS機能付きの音声ガイドがもれなく付いてきます。なんども繰り返すかと思えば、途中でゲートを抜けちゃうと途中でも終わっちまうしpout

Img_1357

ゲートは二重になっています。これのライオンバージョンもありました。園内を進む一般客にライオンやらチーターが接近すると、シマウマ模様のパジェロの姫センカーが追い払う仕組みです。タイヤが噛まれないようにパジェロの後部のスペアタイヤは外してありました。

リンクに張った映像ライブラリーのサファリ同様、結構間近で動物が見られました。私が見たときは左側にいてることが多かったですね。シマウマの正面から見たところとか動物園では見にくいところもバッチリでした。

Img_4253

窓越しのEosKissX4、スポーツモードで流し撮りですが、結構ちゃんと撮れてますgood

地図で見てもらったらわかるのですが、山一つ分全部姫路セントラルパークです。サファリの周回ルートは山の麓から頂上へと上がっていき、駐車場は遊園地側か山の天辺です。てっぺんの駐車場まで上がって、ここでお昼に。ベンチと売店がありますが、ベンチの数は少なめです。売店のメニューも少ないし、ボッタクリなので、持参がおすすめです。

ここからロープウエーで降下。歩いてみる方へ。こちらはホワイトタイガーやらがいる檻つきのゾーン。自販機で象やらにエサをやることもできます。しかし売り切れでした。1日の総量は決まってるのですね。

象の鼻の長さって至近距離で見たらすごいものがありますわ。iPhoneで撮影したら、収まりきらなかったよ。

Img_1358

鳥類やカピバラさんなどがいるウオークサファリもあります。花鳥園と似てる感じ。ペリカンの飛ぶのとか見れます。

Img_4284

あと、こどものゾーンがあるのですが、この看板はどう解釈すれば?

Img_1362

めっちゃカタカナcoldsweats02

"child"の複数形は"children"なので、正しくは"children's farm"なのかしら。それとも複数形を無視したまま"childs"で強引に複数形にしてしもうたのか。あるいは目的格としての"child’s"なのか。かなーりでっかい看板なので、せやったら、日本語で「こどものひろば」とかにしたら良かったのに、と思ってしまったのです。

とまぁガシガシ写真を撮ってたら、人を待つなんて文字は辞書にはない夫、やっぱりさっさと進んでおり、私ははぐれておりましたcoldsweats01携帯電話は通じるので、駐車場で合流できましたが。

遊園地はいいだろうと渋滞を考慮して早めに離脱。

滞在時間は短めでしたが、楽しかったようで良かったです。

白浜のアドベンチャーワールドも行ってみたいですねぇ。8年前に行ったきりですし。

2013年8月13日 (火)

青春18切符で親子旅(2)藤子・F・不二雄ミュージアム

青春18切符短期使いきり作戦です。静岡から出かけられるところを検索しまくり、何とか日帰り圏内にあることが判明。義弟も行く?と誘うと行く行く!というのでローソンで予約。ネットからでも予約可能ですが、ローソンの端末からのほうが操作が断然楽ちんでしたわ。端末のトップにボタンがありましたしね。

長男だけは療育手帳で100キロをこす乗車は半額の規定があるので、青春18切符よりもさらにお得になります。子供料金の半額だもんね。青春18切符の方がお得になる営業距離ってどのくらいなんだろう?

みどりの窓口のお兄さん、「本人のみ半額」というところでフリーズしてしまいました。私がその間にスタバでカフェモカを買って戻ってこられるくらいに。たいていは介助者も込みで半額になるから。ベテラン職員に助けを請うてようやく発券。面倒な事態を避けるために最初から往復で頼んでいましたが、正解でした。このフリーズ、帰りもやられたらほんまにかなんことですからpout

お盆とは言え、平日ですから、通勤客に混じって出発。ロングシートの各停を我慢すれば、熱海から快速に乗れました。ボックスシートです!happy01夫はこの時点でもういやになってbeer缶ビールぷしゅうやってますcoldsweats01

厚さ寒さに弱い静岡県人が二人いますから、登戸からバスを選択。

Img_4070_2

Img_4073

後ろからパーマンが押してますねぇ。乗るだけでテンションが上がってきますよ。完全予約制ですが、入れ替え制ではありません。でも、各入場時間とも大入り状態です。早く着きすぎたのですが、ミュージアムショップを見るだけということもできない非常さですcryingでも早めに並ぶように言われ、プチギャラリーになってるエントランスをまずはたのしみます。

Img_1321

注意書きが面白い!ドラえもんがいるから、ねずみはだめ?(笑)食べ物持ち込み禁止は辛いものがあります。だからと言って、アレルギーに配慮されたメニューは少なかったですわ。それ以前に、大混雑で暗記パンを食べ用とか叶わなかったのですが。アレルギーな人は登戸駅前が飲食店多くておいしかったので、食べてから行くか、戻ってから食べたほうがいいです。カフェも3階にあるので、入場しないと食べられません。おそるべし。

入館前に注意事項の説明があります。

Img_4082

いいでしょ、この小技の効き方?しずちゃんが静かに、と言うてるのですhappy01

こんなふうに館内に小技の効いた案内板があちこちにあります。同じトイレの表示でもイラストがすこしずつ違うので、カメラ小僧になってしまっていました。気づいたら家族と別行動になってたよcoldsweats01

音声案内は大人用と子ども用があり、必ず貸してもらえます。入館料に含まれているようです。

Img_4117

もしもボックスもありました。かけてみたけど、なにも音はしません。漫画でもアニメでも電話から音がする設定じゃないから?

このエリアにはミュージアム限定ガチャポンがあります。運がよければきれいなジャイアンのマスコットが手に入りますよ!

ここの右隣が「Fシアター」ミュージアムオリジナルのアニメが見られます。「21エモン&ドラえもんようこそ!!ホテルつづれ屋へ」と言う内容。おもしろかったですよ。

まんがコーナーもあって、著作をよむことができます。

館内は思ったより小さかったです。それは境港市の水木しげる記念館→高知のアンパンマンミュージアムを順に観てきたからかもしれませんね。ここが最初ならそんなふうには思わなかったかも。

しかし、ミュージアムショップは悩みます。限定品?が多いです。特にジャイアンものがいい味を出しており。

Img_4111

これ、何だと思います?中身はチョコレートなんですが、ジャケ買いしそうになりました。夏で遠距離なので、溶けるのが怖くてやめましたが・・・。

自分にはキャラ総出演なクリアファイルを購入。

帰りのバスはこんなんでした。

Img_4169

Img_4170

コロスケねじがー!!(笑)

帰りは末っ子のトイレの訴えにより、全部各停となりました。余りにも車内が混雑しており、実は同じ車両にトイレがあったにもかかわらず、全く動けなかったので、途中で降りたのです。小田原付近までは立ちっ放しでしたし、関東の通勤ラッシュを甘く見ておりましたweep

登戸で夕食も食べたので、静岡着が11時。いやいや、1日めいいっぱい使いましたわ。さすがに延々電車に乗っていたので、疲れが出て翌日は延々寝ていましたが、案外静岡県内以外だったら、ですがthinkどこまでも飽きずに乗っていられるものだな、というのが感想でした。

2013年3月23日 (土)

男は辛いぜ!

2013年がとっくに明けて、季節も変わってしまいましたねcoldsweats01

書きたいことは色々あったのですが、Facebookやツイッターで書いてると満足してしまって、こっちは放置でしたdespair
mixi経由で来てくれてる方もいてるようなので、せめて季節に一度は更新しませんと。(おいcoldsweats01
さて、長男の学童が3月で終わりました。
学童で卒所式のセレモニーがありました。卒所になる子どもたちが一人ひとり紹介され、同じ班の下の学年の子どもからのコメント、指導員からのコメント、本人の思い出の作文を発表していきます。
学校の長期休暇の宿題でちょっとした絵日記は書くけど、作文はどうなんだろう?と私も指導員も思っていて、箇条書きのコメントを読み上げたらいいか、くらいに考えていました。そうしたら、最初に聞き取った内容で、一気に自ら原稿用紙に書き上げたそうなsign03happy01
発表の時はかなり緊張しておりました。
内容を紹介しますね。脱字や句読点も含め、本人の書いた原文のままです。

「4年間の思い出」
ぼくは、1年のころ、はる休みと、なつやす冬休みしか、きてませんでした。2年生に、なると、まい日、これるように、なり、また1年たつと、がっしゅく で、たいけん(きよ註:行事には保護者同伴強制なのですが、この年は夫がごねて泊まらなかったので、自動的に日帰りになった)をやりました。また4ねんに なって、班のリーダーになり、こうはいにちゅういできるようになりました。ぼくは、がっしゅくで、笛作りをしました。ためしに、ふくとオナラみたいな音 が、した
一りん車のふりこ(きよ註:一輪車に乗ったままその場でする前後運動。これができると、一輪車の色んな遊びができるようになるため、学童内ではかなり重要なテクニック)が64回までいけました。
歩け 歩け(きよ註:毎年子どもたちが行き先を決め、親にプレゼンをし、50〜60キロを1泊2日で歩く過酷な行事があります。今年のコースは比叡山坂本駅〜琵琶湖大橋〜彦根城。2日目が大荒れの天気となり、嵐の中歩き通すはめに。wobbly親も参加します。)で、ひこねじょうまで、52KM歩きました。ひこねじょうへ向かうと中、カゼがヒュン、ヒュンと、とんであめがやりのようで、いたかったけど、ゴール まで、行けました。いえへ、かえると、1ケ月くらいはいたくつが、こわれました。くつのうらにあながあいてたけどがんばった。
がくどうはいがいと大変だったけど、いっぱいともだちとあそべて、たのしかった
読み上げた後、涙が自然と溢れてきて、うぉー!!と叫び。「男は辛いぜー!!」だそうです。これまでに体験したことのない感情だったことでしょう。
学校では地域もバラバラで、何もなしでは健常児とは遊ぶのも難しくなってきてるし、学童でいっぱい身体を使って色んな遊びをし、話し合いをするなどいっぱ い色んな経験をさせてもらって、母は裏の交渉ごとやら行事の付き添いやらほんまに算段がきりきり舞いでしたが、良かったなぁ、と感謝してます。

保育所を卒園する時には、自分だけ違う学校に行くとか、別れの意味も知らないほどにボヤーっとしていた君が、心も身体も大きく育ったね(^^)

2011年4月24日 (日)

学童の総会にて支援を訴える

午前中、学童の総会がありました。夫が仕事が入ってしまい、子守担当がいません。保護者会費などの徴収があるので、それを渡すだけ行くなどもあったのですが、長男のことを言いたいのもあり、参加することに。私だけ行くよりも、彼を連れて行きたかったので、3人引き連れて、てくてく歩いて行きました。ぶーぶー言ってましたが、「みんなに支援学校から来てるからよろしくね、と言うのよ」と言うと会議に連れて行かれ慣れてるので時間つぶし道具を各々用意。crying結構時間がかかるものなのは去年参加してわかったので、末っ子は最後までもちそうにないのと、長男もしんどくなりそうから、途中参加にし、役員さんにmailtoでごめんなさい連絡。幸い、わかってもらえ、「大変だったら途中で抜けていいからね」と言ってもらえてほっ。

しかしなかなか終わりません。去年の活動報告が終わって、そろそろか?と思ったら、今年の活動報告。ありゃりゃ。1回呼び寄せたけど、またあとで呼ぶわ、と放免。こんどこそ、と長男を呼び寄せて、スタンバイさせる。事前に指導員にはお願いしたはずなんだけど、そのまま地区別懇談だと言うてるしsadあかーん!と挙手してお願い。長男も立たせて。ちょうど集団登下校の班の話をしていたので、そこに名前が載ってない理由として、支援学校からひとりだけ学童に来ていること、行政からは支援学校の子どもは送迎が必要だと言われていることを話しました。支援学校は校区が広いため、地域には友達がいないこと、学童の生活が彼に根ざしたものになっていることに感謝を述べ、その上で長期休暇中は1日保育してもらえないこと、行事にも付き添いを求められることがあり、行政とも交渉しているがひとりでは末っ子を抱えていることもあり、(ちょうど隣にいたので引き合いに出せた)皆さんの支援をお願いしたいのです、と訴え。長男にも自己紹介するように言うと、「M支援学校から来ました。よろしくお願いしますm(__)m」と上手に言えたので、皆さんから暖かく拍手してもらえました。

昨年1年を通じて通って、指導員とも仲良くなり、このような訴えをしても指導員の批判にはならないことがわかったことが大きかったです。担当指導員にも「(長男の姿を見たので)そのつもりやねんな、とわかったで」と言ってもらえて嬉しかったです。

保育所と比べたら、学童は福祉分野ではないのでまだまだ未整備。うちの子が通っている間に現状を打破できるとは思ってはいないけど、当事者が声をあげることで、ちょっとでも理解と支援が広がるといいな。そして次の世代にせめて現状維持はしてバトンを渡したい。

Powered by Six Apart

楽天

Amazon

マクロミルへ登録

最近のトラックバック